2019年06月15日

斜めコーナー部材

キッチンの吊り戸をつくっています。
お部屋のコーナー部分に出来てしまったデッドスペースを塞ぐために、変形三角形の部材を作りました。

K7IM1672.jpg

K7IM1671.jpg

壁に付ける為とダクトを避ける為に、大きく欠いています。
如何にシンプルに、変形を作るか、パズルのように検討しています。楽しいです。
ただ、図面で描いているときは簡単なようでも、実際に作るとそうはいかない・・・。


posted by sanso at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月13日

黄金色の塗装

玄関から入ってすぐの三方壁に廻す枠を作りました。
クロスに合わせた白色に塗装したの枠には、黄金色の飾りが付きます。

K7IM1678.jpg

K7IM1681.jpg

K7IM1685.jpg

少し赤味がかった金色です。
色を指定して、調色してもらいました。
なかなか格好いいです。
こういう色合いの額縁等をつくりたいです。
posted by sanso at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月11日

上框

分厚い上框を作りました・・・
玄関の段差のところですね。
集成材でジョイントして製作しました。
ジョイント部分は、塗装すると色が違って見えることが多いので、正面の一番目立つところは、更に薄い突き板を貼って化粧しました。
綺麗に出来ました!
K7IM1670.jpg
posted by sanso at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月04日

石目のメラミン

最近のメラミンの印刷はリアルです!
石目の折りたたみカウンターを作ったのですが、もうほとんど石です。

K7IM1666.jpg

木調のものもいろいろ種類が増えているし、ファブリック風、皮調、金属調・・・などなどカタログをみているとたのしいです。
posted by sanso at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月15日

ナラムク材の框の口板です

K7IM1660.jpg

お客様の家具に合わせて製作しました。
ツマミもナラムク材にて塗装です。

K7IM1663.jpg
posted by sanso at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月14日

奥行きのある引出

奥行きが590oもある細長い引出しです。
底受のレールで、閉まる時にゆっくりになります。
引出し底の裏面の金物とレールです。
K7IM1657.jpgK7IM1659.jpg

洗濯機の横で使用します。間口は200o程度で、小さめな収納に見えるのですが、洗剤などいっぱいしまえます。
特注家具ならではです。
posted by sanso at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月13日

なぐり加工の面材

シート貼りの化粧板で、こんなでこぼこのものがありました。
ムク材の「なぐり加工」を模したものです。どうやってつくっているのでしょうか。

K7IM1409.jpg

扉の鏡板の部分で使用しています。
posted by sanso at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高透過ガラス

ガラスの色って、少し緑色・・・と思っていたのですが。
高透過ガラスというものがあるのですね。
K7IM1399.jpg

左のガラスが、通常のガラスです。
右のガラスが高透過ガラス。すっごく透明です!
まるで無いみたいです。

K7IM1396.jpg
posted by sanso at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月30日

メラミンを薄くする。

斜めの部分にメラミンで化粧する方法の一つとして、メラミンを薄く削って使用してみます。

K7IM1376.jpg

きれいに出来てきてます。
途中なので、また今度。
posted by sanso at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

格子の引き戸

格子引き戸を製作しました。

K7IM1383.jpg

K7IM1385.jpg

まるでナラムク材のようですが、シート化粧板と樹脂テープで化粧しています。
・・最近の化粧材の技術はほんとうにすごい。自然な雰囲気ですね。

そして相欠きもきれいです。こういう部品の状態も好きです。
K7IM1382.jpg
K7IM1381.jpg
posted by sanso at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記