2018年12月28日

冬期休業のお知らせ

12月29日から、1月6日までお休みさせていただきます。

本年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
posted by sanso at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月27日

マホガニーのムク材の框

マホガニーのムク材を割いて、厚み出しをしているところ。
きれいな木目が出てきました。
ちょっと美味しそうかも。。。マホガニーを扱うのはひさしぶり。

K7IM1004.jpg

K7IM1006.jpg

手前の板の表面は、製材所で製材したままの状態。剥いていないので中の色は見えていません。
剥いてみると結構ちがうものですね。
一枚一枚色合いも違うので、使い方に気をつけないと、ばらばらな色合いの家具になってしまいます・・・・

K7IM1005.jpg
posted by sanso at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月26日

人工大理石をきりだす

今までお使いの人工大理石のカウンターを処分するに当たり、模様が象嵌されている部分を気に入っているのでとっておきたい・・・というお客様のご要望にお応えして。

模様の部分のみ、切り出して磨いたらこんなに素敵になりました。

K7IM0993.jpg

置き台にもいいですね。また嵌めこんでつかうのもよいですね。
磨いて綺麗にリセットできるのもうれしいです。
posted by sanso at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ナラ板目のランダム貼り

最近、位置を揃えずに突き板を使用してほしいというお客様からのご要望がちらほら・・・。
板目等で、山の位置がきれいにそろっているのも、整然とした美しさがありますが、
写真のようにランダムに見えるのも、自然な雰囲気でよいですよね。

K7IM0999.jpg

K7IM1000.jpg
posted by sanso at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月22日

木口塗装完成

綺麗になりました。
バーチじゃなくてシルバーハートのムク材でした。

K7IM0956.jpg

K7IM0954.jpg

色もばっちりあっていますね。
posted by sanso at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月20日

リースの材料

木工と関係ない話ですみませんが・・・

リースや木の実とか、飾ってみたくて、集めてみました。
金色にちょっと色を付けて華やかにしてみたり、そのままの色を活かしたりしています。

K7IM0959.jpg

K7IM0966.jpg

とげとげの生えた丸い木の実はモミジバフウ。金色にしたら、意外と派手になりました。並木道から拾ってきてもらいました。小さいとなかなか可愛いのです。
松ぼっくりもいいかたちです。スターアニス(食材用のではなく100円均一ショップでリース用に売っていました)も星型できれいです。香りもいいです。
posted by sanso at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Rの吊り戸製作中

外面が800oRになる吊り戸を作っています。Rの内側が、オープン棚になっています。
まず天地、固定棚の後面に、裏板内面の化粧材を貼り、その外面にt9ミリのラワン曲げ合板を貼って、さらにその外面にt2ミリのシナの曲げ合板を貼るという、段階を踏んでいく工程。・・・すみません、説明が下手で・・・息も続きませんね。
写真は後面に貼った板がはみ出た分を削って平らにしているところです。

K7IM0973.jpg

きれいになった。

K7IM0976.jpg

スキ間もなくばっちり。やったー
posted by sanso at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月18日

木口を貼ったところ

先日の投稿で、クランプ固めだった甲板です。
0.6oの段差をつけて、木口にムク材を貼りました。

K7IM0932.jpg

一段ムク材を下げて貼る方法もありますが、今回はムク材がでっぱります。
posted by sanso at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月17日

シナの曲げベニヤを貼ったところ

ベニヤを貼りました。外アール部分は今回はクロス仕上げなので、シナで仕上げです。

K7IM0938.jpg
K7IM0937.jpg

二段重ねとなります。
posted by sanso at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月15日

ウォールナット板目の扉

ウォールナットの突き板で扉を製作して、着色塗装しました。

K7IM0886.jpg

元々の色みもあるので、それほど濃い塗装ではありません。木目が活きて、とてもきれいですね。
ウォールナットの板目は少し丸い山形になるので、家具は柔らかい雰囲気になると思います。
木口も面を取って、手に優しい扉になりました。
posted by sanso at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月14日

メラミンの甲板の木口にムク材を貼る

玄関収納を作らせていただいているところです。

収納がつく床と、土間部分との段差が大きい(階段3段くらい)ため、甲板に手をかけながら上ると思われます。
甲板はメラミン化粧板がよいのですが、木口だけはムク材で、手に優しい大きめな面をつけたい、ということで・・・

K7IM0926.jpg

メラミンの柄とそろえたバーチという種類のムク材を貼っているところです。
クランプ(圧締道具)の一種です。これでもか!という多さですね。
posted by sanso at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Rカウンターの芯

骨組みがたちあがったところです。

K7IM0923.jpg

段差になっています。ここに曲げベニヤを貼って、850Rの腰壁をつくっていきます!
歪みが出ないように調整しながら・・・。
まだまだ先は長いですね。
posted by sanso at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月12日

Rのカウンター

年明けの仕事ですが、Rのカウンターをつくりはじめなきゃね・・・ということで。

まずは計画を練って、原寸図を描いてます。

K7IM0906.jpg

あわせてRの骨組みの部材を加工しているところです。

K7IM0904.jpg

これからだんだん立体的になっていきます。
Rの家具は工程が長くてなかなか時間などを読みづらいところがありますが、面白いですね。
posted by sanso at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月11日

端金

手が空いたときは工具や機械の手入れ・・・大事ですよね。

これは端金(はたがね)という、圧締用の道具です。大小さまざまなサイズがあります。

K7IM0881.jpg
posted by sanso at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月10日

ナラの框

虎斑が強く出ているムク材で、框を作りました。

IMGP6875.jpg

先日の投稿で、着色塗装をしている框の家具と同じときに仕入れたムク材です。
生地色で塗装をしたところ、斑がとても美しく浮き出してきました。

IMGP6877.jpg

お客様がお持ちの家具に雰囲気を合わせて、製作しました。
とても喜んで下さったそうです。うれしいです。

posted by sanso at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月07日

ダイニングテーブルの再塗装

お気に入りの家具の再塗装を依頼されました。
アンティークの立派な椅子!すばらしい彫刻ですね。
研磨して、現状の塗装をある程度落としたところです。

IMGP6584.jpg

塗装後です

IMGP6591.jpg

ブースの前なので背景がいまいちなのですが・・・
テーブルも塗装中のところ。

IMGP6574.jpg

こんなにきれいに。お客様のところで並んでいる配置に並べて、色合いのバランスを見ているところですね。

IMGP6586.jpg

長年使い込まれた、良い家具って、本当に素敵です。
お客さまもとても喜んで下さいました。
更にもう一つ素敵なアンティークのビューローの塗り替えを依頼して下さいました。そちらの完成写真がなくって載せられないのが残念です。すみませんあせあせ(飛び散る汗)

posted by sanso at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

ルーバーデザインのTVボード

IMGP6478.jpg

ウォールナットのムク材を格子状に通したルーバーの扉に注目です。
スモークガラスも嵌めこまれてちょっと変わったデザインですね。

巾 1100mm 奥行 450mm 高 400mm というサイズがちょうどよかったです。
大きすぎず小さすぎず、品があって、和の凛とした雰囲気とウォールナット材の持つ優美さが調和していてとてもよかったです。
posted by sanso at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ナラムク材の框

今日は今年製作して納めさせていただいた家具の記録写真をみなおす機会がありました。
これは今年だったのね、と驚いたりしていました。
写真の家具は、ナラのムク材で、虎斑が多いところを選んで製作したのでした。
とてもきれいだと思います。
IMGP6603.jpg
てかけも凝っています。
IMGP6605.jpg
posted by sanso at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記